超音波を活用したベイザー脂肪吸引|医療を活用した美容

体

ほくろを取り除く方法

先生

美容を意識する人のなかには顔のほくろ除去をしたいと考えている人が多数存在するでしょう。市販のジェルやクリームを使ってほくろ除去を行う方法もありますが、状態によっては美容外科や皮膚科など活用したほうが良い場合があるのです。膨らんでしまっているほくろは根が深い可能性があるので市販の薬品では取り除くのが難しいといえます。3ミリを超えるほくろは時間が経過するとともに除去するのが難しくなるので早めに医療機関に行くのが良いでしょう。医療機関で実施しているほくろ除去には複数の方法があるので、カウンセリングなど受ける前にある程度の情報を集めておくと施術内容をスムーズに決定することができます。
小さいほくろに対して有効的なのがQスイッチヤグレーザーです。レーザーによって色素を破壊するので1週間ぐらいは軽いやけどをしたような状態になります。保険が適用されるケースも多いので治療費が安くなりやすいのがメリットだといえます。盛り上がっているほくろに対しては炭酸ガスレーザーが効果的だといえるでしょう。ほくろの細胞を破壊して蒸発させるので出血が少ない特徴があります。盛り上がりほくろに対しては電気メスも有効ですが、こちらは色素を破壊すると同時に削っていくので皮膚がへこむ可能性があります。直径が6ミリほどのほくろに対してはくりぬきという方法が良いでしょう。患部のへこみがありますが、顔は血流が多く回復しやすいのでそこまで気にする必要はありません。それ以上に大きいほくろ除去をする場はメス切除縫合と呼ばれる施術法が最適だといわれています。